作業員

エコやリサイクルへの取り組みとして行なう産廃選別

瓦礫の種類で使い分ける

工事現場

家や建物を取り壊した際に発生するのが瓦礫ですが、マンションなど大型の建物であればその分量も多くなります。また工事以外でも自然災害によって発生することが増えているので、いざというとき必要になることもあるでしょう。実際に瓦礫選別に使われる機械は主に2種類あり回転式と振動式が良く知られています。それ以外にも比重選別式と風力選別式もあります。そして瓦礫選別用の機械はいずれも瓦礫を大きいものと小さいものに分けることができるものです。瓦礫の種類に合った機械を使えば、瓦礫選別の作業もスムーズに行なうことができるので、効率いいものだといえます。
回転式選別機は丸い筒状の形になっていて選別のため網が取り付けられていています。文字通り回転することで瓦礫を大きいものと小さいものに選別していきます。それに対して振動式選別機械は、網が取り付けられた長方形型の振動体を振動させて振るい分けていくもので、大小で分けられたそれぞれの瓦礫は、右と左という風に別々の場所に排出されて集められます。機械の特徴として選別する量が多いときは回転式を使います。しかし自然災害の後の瓦礫など水分を多く含んだ泥が混じっている場合、網の目が詰まってしまうので向いていません。使う網の形は円形だけでなく6角形のものを開発している企業もあります。これは円形に比べて目詰まりを起こすことがないので、短時間で色々なものが混じった瓦礫を選別するときにとても優れています。一方振動式は回転式に比べて処理できる速度は落ちるものの目詰まりはしにくくなっています。ウレタン製の網を使用することでその効果を更に高められます。ただ値段が高くなるのでそういった点も考慮しながら瓦礫選別の機械を選ぶと良いでしょう。