作業員

エコやリサイクルへの取り組みとして行なう産廃選別

綺麗に処理してリサイクル

ウーマン

工場で使われるオイルの廃棄物として廃油があります。機械を多く使いその中で色々なオイルが使われているので、一般のゴミとは違い環境や人体に健康被害をもたらすものもあります。またオイルは引火性液体のため引火点になると可燃性の蒸気を出すので管理や処理を適切に行わないと危険です。そのため正しく利用し、使い終わった古いものはなるべく早く処理した方がいいと言えます。企業の環境への取り組みが進んでいるので自社工場で廃油を処理する企業もあるかと思いますが、プラントの設備投資や維持にも費用が掛かるため、一定のリサイクル技術を持たない限り経済的に活かすことは難しいでしょう。そこで廃油の処理に役立つのが廃油回収です。これは廃油のリサイクルを専門に行っている業者にお願いして処理してもらう方法です。廃油は産業廃棄物として定められているので処理や廃棄をしっかり行わなければいけません。
廃油の処理を行なってくれる業者にも色々なタイプがあります。中には廃油を一旦回収して処理を施すことで再度使えるオイルにした後返却するというものです。これはあくまでサービスとして行なっているので確認が必要です。工場で使われているオイルは切削油やギヤー油、焼き入れ油がメインです。そのため劣化につながる成分が入りやすく金属などが混入していたりします。それを白土を使って吸着ろ過します。その他にも使える形にしてリサイクルされるので環境に配慮している企業は利用すると良いでしょう。