作業員

エコやリサイクルへの取り組みとして行なう産廃選別

大切な工程

解体工事

工事現場や工場、あるいは企業から出る産廃は大きさによって選別されてリサイクルや廃棄がされますが、その中間工程として破砕があります。具体的には、産廃は選別された後にリサイクル資材があれば破砕や圧縮、溶解処理を行なって再生可能な原料の状態になります。このとき例えばコンクリートなどには鉄筋が混じっていることもあるでしょう。そのためより細かく破砕することで素材を分けそれぞれリサイクルしやすいようにします。つまりリサイクルするときに選別と同じくらい大切なプロセスになるわけです。選別された産廃からとれた鉄くずは金属へと、コンクリートは利用できるコンクリート材として有効活用されます。産廃の選別と処理を行なうには廃棄物処理業許可が必要になります。そのためこの資格をもち、専用の機械と設備を整えればその業務を行なうことができます。環境問題に力を入れている企業で、自社工場から出た廃棄物を再利用したいと考えている場合は、取り組みの1つとして利用しても良いかも知れません。
産廃を処理するプラントを自社で用意する場合は、特に破砕の設備が重要でしょう。これは選別した産廃をより細かく破砕することで処理費用を削減することができるからです。産廃を焼却する場合においても細かくすることで燃えやすくなるのでコストを削減できます。長期的に行なうことを前提に工場や専門の設備が整えられるのでそういった確実なコスト削減が大きな業績につながってきます。